読書記録と雑感

読んだ本とか思ったこととかの記録用

わかってる顔したくないけど

ここのところ、観たい映画がいっぱいある。いや、いつもあるけど、特に観たい映画がいっぱいある。でも映画を観に行くのってすこしこわくて、もし観に行った映画が面白くなかったら私はその1000いくらかのお金と2時間くらいをむだにしてしまうのかと思うと、そのお金と時間で読める本を思い浮かべてしまう。

とにかく、『美しい星』だけは観に行かないと。3番目に好きな三島由紀夫の小説の翻案だし、暁子の役は大好きな橋本愛だし。いままで観た映画で橋本愛がでているものは、はずれだなって思ったのなかったから『美しい星』は観に行っても大丈夫だと思う。名作文学の現代での翻案で橋本愛というと、WOWWOWの6話立てのドラマ、『罪と罰』がよかった。橋本愛の役は老婆の立ち位置で、ラスコーリニコフ役の高良健吾との2ショットが美しい。

 

中学生のときに同級生だった子が主演をしている映画もいまやっているらしい。彼女とはそんなにしゃべったことなかったけど、印象に残っていることがある。授業中かなんかでグループワークをしているときに、「わかるわかるってみんなすぐ言うけどさ、わかるわけないじゃん」って、「人の事情とか気持ちなんてそんなわかるわけないし、そんな簡単に言うなよって思う」みたいなこと言ってた。言い古された当たり前なようなことだけど、中学生の口からでてくることにはっとしたし、ずいぶんとおとなびたことを言う子なんだなと思った記憶がある。

 

鷲田清一さんが書いてる朝日新聞のコラムに戸田山先生の言葉が載っていたらしい。

つまり、知らないことがあること自体を知らなかったわけだ。

実際戸田山先生がどういう文脈で書いているのかは知らないけれど、「無知の無知の知」って書いてあった。このメタ構造をうまく読み解けてなくて、私の言語能力はやっぱりけっこう低いのかもしれないと思う。

 

でも、書いてあったのが「無知の知」ではなく「無知の無知の知」でよかった。私は「無知の知」がほんとうに嫌い。嫌いというか、認めたくない。ほんっとうに悔しい。「哲学には答えがない」と同じくらいむり。素直に受け入れたくない言葉だな、とはじめてきいたときからずっと思い続けている。なんというか、あまりに有名になりすぎているこの言葉を認めると、一般常識(勉強するほど知識が増える)を裏切ること(勉強するほど知らないことが増えること)だけで終わってしまうような気がする。それでも言われてしまう言葉なのだとしたら、かなり学問を究めた人がある程度の充実感を伴って言ってほしい。知らないということを知ることだけで満足したくない。学問の世界に無駄な深遠さをかぶせてしまうだけのように思われてしまう。

勉強するほど知らないことがどれだけあるか知ることにはなるけど、知らないことはそのことを知らないと知る前からずっとある。知識はすでに存在していて、ただただそのことが自分に対して顕在化されるだけである。図書館でずらっと並んだ本棚を見て、この本をすべて読むことはできないのだと思い知らされ、本気で落ち込んだことがある。

 

「知らないこと」には二段階あると思っていて、とりあえず私の知らないことと、この知識を得ればこんなことがわかるというのはわかっているけど知らないことの二つがあるんじゃないか。前者だけじゃ正直どうもならないというか、使い物にならん、というかんじだけど、後者はだいじ。限りのある一人の人間には、限りのある知識しか得られないけど、だからこそ効率よく知識を扱えるとよい。

たとえば、私は統計の勉強をしたことないけど統計を勉強するとデータを適切に扱えるようになると知っている。韓国にどんな観光名所があるのか知らないけど韓国旅行のガイドブックを読めばどんなところを旅行すべきかわかるだろうということは知っている。知識の内容は知らなくても、その知識へのアクセスの仕方を知っているということって、勉強をしていく上ではけっこう大事なことなんじゃないかと思う。

 

学問や知識を必要以上にありがたがって、高尚で深遠なものとしてとらえる考え方、あまり好みではない。勉強いっぱいして頭が重い感じとか、いくら読んでもわからないいらいらとか、いっぱい寝て起きてもまだのこる頭のだるさとか、焦燥感で図書館でかばんいっぱいに本を借りてしまうのとか、自分を物理的にも精神的にも消耗させていくかんじは、もっとどろくさいように思う。すくなくとも私は素晴らしいものだから学問やってるわけじゃなくて、どうしても知りたいことがあるから勉強してるというつもりではいる、からこそ「無知の知」はめちゃくちゃくやしい。知らないこといっぱいあるな~で放っておかないことにしたい。

 

頭のいいふりしたくなっちゃって斜にかまえたこと言おうとする私とは、最近意識的に戦おうとしている。むかしからそういう傾向あるけど、やっぱ斜にかまえたこと言おうとしたり、自分ではなにも生み出してないくせに批評したり、そういうことしたくなってしまうのは、自分をえらそうに見せようとしてるからなのじゃ。泣きたくなるくらい勉強が足りないし、もっと謙虚に誠実にならないといけないです。いつもこういうことばっか言ってる気がするな、修行修行