読書記録と雑感

読んだ本とか思ったこととかの記録用

論文読まなきゃいけないのにこんなこと書いてる

小説は読んだ瞬間からそのストーリーを忘れてしまって、本棚に入っている本の半分も内容を思い出せないように思う。

一方で、冒頭の部分だけはよく覚えている。たとえば村上龍の『限りなく透明に近いブルー』は、音の描写から始まる。

飛行機の音ではなかった。耳の後ろ側を飛んでいた虫の羽音だった。蝿よりも小さな虫は、目の前をしばらく旋回して暗い部屋の隅へと見えなくなった。

この最初のひと段落はよく覚えているのに、どんな内容だったかさっぱりわかんなくなってしまった。

 

今車内広告でてるプレイボーイは乃木坂46生田絵梨花ちゃんが表紙になっている。

f:id:tamiassibiricus:20170419223109j:image

これは、本物の雑誌のほうの表紙だけど。

 

気になっているのはこのコピーで、「限りなく透明に近い美しさ」と書いてある。小さくて見えづらい……。

これは村上龍のデビュー作で直木賞受賞作の『限りなく透明に近いブルー』をもじったものなんだと思うんだけど、この違和感よ……。

 

限りなく透明に近いブルー』というタイトルはあまりにも有名で、さまざまなところで改変されているのを見かけてきた。うまいのはあまり見たことない。それに、こういう商業雑誌のプロが作ったコピーで下手なものが掲げられてるのは、ちょっとさむい。

 

しかし、ただの下手なもじりであるという以上にこのコピーには違和感があるような気がする。その理由として、いくつか仮説を立ててみた。

① 「美しさ」は名詞だが、「ブルー」(blue)は名詞と形容詞が同型であるため、形容詞的なイメージが強く違和感がある。

② 「美しさ」はより広い事柄を対象とする抽象的な言葉である。一方で「ブルー」は青色という限定された対象を指す言葉である。このため「美しさ」では「ブルー」を代替できない。

③ 「透明」も「ブルー」も色に関わる言葉である(透明は特定の色を指す言葉ではないが)。だからこの二つをペアにすることは整合的だが、「美しさ」が直接色を指し示すことはなく、ペアにすることはできない。

④ 「透明に近いブルー」は現実世界にありうる。「透明に近い美しさ」は現実世界に客観的には存在せず、意味をもたない場合があり、なんらかの比喩表現と考えるなど解釈を必要とする。

 

最初①だからかなって思ってたけど、④がもっともらしい気がしてきた。③はいまいちだな。

まあここらへんの理由が適当に組み合わさって、違和感になってるんでしょう。

 

クローズアップ現代坂本龍一がでてて、下の部屋から新曲の音が聴こえてくる。この家は音が本当によく響くな……。

正直なところ、村上龍の小説は読んでて消耗するのでそこまで好んで読まないのだけど、坂本龍一村上龍の共著になっている『モニカ』は面白かった。坂本は夢を見たら村上にその内容をファクスで送る。そこからインスピレーションを得て村上が小説を書く。それがまとまった短編集で、坂本の見た夢と村上の小説があまり関係なくて(でもどこかつながっていて)面白いです。