読書記録と雑感

読んだ本とか思ったこととかの記録用

森を見て木を見る、という話

某後輩(私のブログ読んでるらしい)にアマゾンプライムのビデオがやばすぎる、と言われて申し込んだ。やばい。去年の今頃はhuluに加入していたけど、そっちより全然いいかも。教えてくれてありがとう(私信)。

 

三浦しをんが『神去なあなあ日常』という小説を書いている。三浦しをんは高校生の頃よく読んでいたので、これもその流れで読んでた。それを映画化したのが一昨年だかその前くらいに染谷将太(最高)が主演した『Wood Job!』というやつで、大学受験に失敗した男の子が林業に入るという話。これずっと観たかったんだけど、ビデオ屋さん行くとなに観たかったのか忘れてしまう人間なので、アマゾンプライムに入ってなかったら観なかったと思う。

 

映画の中で、初めて競りに行った勇気(染谷将太)が、あまりに木が高く売れるのに驚いて「山に生えてる木、全部切って売っちゃいましょうよ〜!!」とか言う場面がでてくる。一本50万円くらい。

 

それに対して親方は、山にある木は先祖たちが植えて育ててきたもので、今の自分たちが植えて育てている木も自分たちで切って売ることはない。今自分たちの利益を求めて木をたくさん切り、売ってしまうことは子孫へ森を残さないことになる。今やっている仕事が成功するかどうかは自分たちにはわからず、まだ見ぬ子孫たちだけがその結果を知るのだ的なことを言う(正確な台詞覚えてない)。

 

林業をテーマにして物語を書くとしたら、誰でも登場させるだろう、いかにもありそうなエピソード。

 

学問をやることになんで国がお金を出さなくてはならないのだろう、ということをさいきんずっと考えている。

 

今や、全世界的にそうなんだけども、その中でも特にこの国は学問をやる人間にあまり優しくない。かなり順調に研究者としての道を歩んだとしても定職につくのは一般的に30歳すぎになるが、それまでは4年制大学新卒の初任給に毛が生えた程度の給料しかもらえない。それすらだめだと(かなりの人がそうだ)、アルバイトしつつ、研究に励むということになる。

 

研究者の人たちは、研究環境の待遇の悪さを声高に訴えている。研究者個人に対しての待遇も悪いし、大学に与えられる研究費とか、なんかよくわかんないけど、とにかく研究環境への必要な投資が国から充分になされていないらしい。

 

そもそもなんで、国が、国民から集めた税金を学問に使わなきゃいけないんだろうか。ずっとよくわかんなかった。技術開発に使えるようなもの、とか、医療に応用できる、とか役立ちそうなことに関する研究に投資するならまだしも、役立たない研究にお金あげたってねえ。

 

文学とか、芸術とか、哲学とか、自然科学の分野だって基礎研究だったら、なんの役に立つのかわからないものが多い。いまの学問についての社会的な状況でとくに窮地に立たされているのはこういう研究。

 

ここで、考えなくちゃならないのは、役に立つってどういうことか、ということと、学問は役に立つからやるんだろうか、ということだ。

 

ここまで言ってきた状況のなかで「役に立つ」という言葉が使われるのは、主にお金を稼ぐのに役立つという意味になると思う。人間が生きていくのに必要って意味ではない。だけど、人間が生きていくのには必要なのに、お金にならないことっていっぱいある。

 

人間が生きていくのに一番近いところにはお金が使われない、みたいなことが言われているのを聞いたことがある。たとえば、保育とか、学校教育とか、介護とかの現場の待遇は悪い。いろいろある職業のなかでも人間が生きていくために基本的で必要な仕事なのに。なんでなんだろうと、考えたときに、当たり前すぎることにはお金が落とされないからってことなのかな、とも思った。

 

人文学って、字面が示しているように、人間についての学問である。役立たない学問の筆頭であるかのように言われる文学研究は、人間の心とか内面について深い探究をしている。文学研究がなかったら私たちは自分に一番近いはずの自分の心というものについて、今ほどには知ることができなかったかもしれない。でも自分の心を知っていることは当たり前なように思われるから、私たちは改めてその研究の価値について考えることはしない。

 

私は、学問は人間にとって必要なものだからあるのだと思う。でも必要だからといってすぐにお金になるとは限らない。当たり前すぎるから価値がないように思われてしまうのかもしれないし、あるいはお金になるまでにとても長い時間がかかってしまうからかもしれない。教育だって、成果が実るまでにはとてつもなく長い時間が必要だ。

 

いますぐにお金になるわけじゃないし、必ずしもお金になるとは限らない、だけれど、絶対に必要なものもある。そういうものを守っていこうという決断をできるのは、人間が一人ですべて必要なことをやる生き物だからでなく社会を形成して役割分担をして生きている生き物だからであって、それをうまく利用してまだ結果のわからないものに想像力を働かせて、理性的な決断をしていくことが、教養のある人間のなせることなのではないかと思う。

 

とにかく、自分が生きているのかどうかわからない未来のために学問を一生懸命やって育てることを頑張りたいなーとかなんとなく思う。

 

大学院にはいるための手続きの書類がめんどくさすぎてぶちぎれてる。