読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録と雑感

読んだ本とか思ったこととかの記録用

院試の結果がわかった

受かってました。とりあえずほっとしたけど、まだもう一つ受けるつもりで、どこの大学院に行くのか決められていない。そういうの大学院の試験だとあまりよくないのだと思うのだけど、試験の面接のときにどこ行くかまだ決められていない、と伝えたのを免罪符に少し悩みたい。ていうかどちらの学校に行っても、いい先生ばかりでいい研究できそうだなという感がしていて、困る。ほんとはまだもう一つ、未練のある学校もあって、試験日かぶっちゃったから諦めたけど、もう全部通うんじゃだめですか……?

 

でも、受かってみたら未来が見えてきてわくわくしてきた。院試の書類書く過程で、いままで言語化されてなかった自分のやりたいことが形になってきて、それに対する見通しも立てられてきた。

 

指導教官にもテンション上がっていろいろメールしてしまって、卒論はできるだけはやく仕上げて学部生のうちにもう一本かけたらいいね、ということになった。わくわくだな。

 

二本目は英語で、と先生はおっしゃっていたけれども、英語ほんとにできないからまずいかもな。二年生のときの英語のクラス分けテストも700人以上いる中で下から60位くらいだったし、英語はもっと勉強しなくちゃいけない。